糖尿病治療薬で有名なグルコバイ

グルコバイは糖尿病治療の薬として有名です。現在服用されている方も、今回グルコバイを処方されたという方も、気になる効果や副作用について困ったときは当サイトを一度ご覧ください。

グルコバイ画像

グルコバイは食後の血糖値を下げる

 糖尿病の原因は、血糖の急上昇が繰り返されてそのたびにインスリンが分泌され、結果として膵臓が疲弊してしまうことです。
糖尿病治療薬のグルコバイは、食後の血糖値の上昇を抑えることで膵臓への負担を軽減するとともに、血糖上昇による様々な合併症を防ぐ薬です。

 グルコバイの作用機序は、腸に存在するαグルコシダーゼという消化酵素の阻害です。
この酵素は炭水化物をブドウ糖に分解する酵素で、食後にこれが働き過ぎるとブドウ糖が腸から一気に血流に流れ込み、血糖値が急上昇します。
グルコバイはこの酵素の働きを抑えることで、腸からのブドウ糖の吸収を緩やかにし、食後の高血糖を予防します。
他の糖尿病治療薬は「血糖値を下げる」のですが、グルコバイは「血糖値が上がるのを防ぐ」薬なのです。
このため食事の直前に服用しないと効果がありません。
また炭酸飲料や清涼飲料水などには、ブドウ糖や果糖が含まれている製品があります。
このような糖は消化されずにそのまま吸収されるので、グルコバイを飲んでいても血糖が上昇する原因となります。
そうでなくても大量の糖が含まれているので、糖尿病の方は飲まないようにしましょう。

 グルコバイは要するに消化を抑制する薬なので、副作用はそれに関係したものとなります。
よく見られるのはおなかの張りや軟便で、これは吸収されなかった糖が腸の内容物の浸透圧を上げるために起きます。
キシリトールガムを食べ過ぎると、おなかが緩くなるのと同じだと思ってください。
それと他の糖尿病治療薬と併用した場合、低血糖が起きることがあります。
低血糖では震え、動悸、寒気などがよく見られるので、服用後にこのような症状が出た場合は糖分の補給が必要になります。
■処方不要で購入
薬 通販